プロフィール

ペテルセン

Author:ペテルセン
★名前★ペテルセン(元猫顔)
★性別★女
★性格★動物占いでいうとペガサス
     歴史人物占いだと、かぐや姫。
    どちらも規格外生物。
    気まぐれで我が道を行く性格デス。
★好きなもの★おいしいもの
         落書き
         幾何学。
★趣味★読書
★その他★数学専攻のくせに右脳人間(汗
数学を右脳で考えられないかと日々奮闘。
でも、最近は論理的なことも大事だと、右脳に偏り過ぎないように注意しています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく見ない間に、お客様がたくさん見えたようでΣ( ̄ロ ̄lll)
これは、うかうか自分の勉強ばかりやっていられないぞ!!というわけで、今日は、最近研究中の数学史から話題を。

****************************

小学校では、小数を「小学校3年生」で、
分数を「小学校5年生」で習います。

しかし。

歴史的にみると、小数の開発は分数の利用よりもずっとずっと、後となります。

とりあえず、今回は第一回として、古代エジプトの分数から紹介です。



分数が使われている最古の記録は、最古の数学本、『リンド・パピルス』に既にあります。(古代エジプトの本)(さらに古い時代の本が発見されているかもしれないのですが、とりあえず私の知識だとここが最古)古代エジプト?


これが、およそ紀元前1800年ごろ。もう、今から4000年近く前からあることになりますよ?

(中国人もびっくり♪)

実際、このリンドパピルスに書かれている分数は、『単位分数』が使われていました。

これは、分子がすべて1の分数です。

例えば、2/9は、1/6+1/18

3/5は、1/2+1/10

のように、分子が1の分数の足し算で表したのでございます。

これはどういう利点があるかというと、たとえば、『3個のパンを5人で分ける』とします。

私たちの感覚からすると、こんな感じで、3/5で良い気がしますが・・・

パン


でも、実際これでパンを分けたら、一人分が小さい!!

そこで、エジプトの『単位分数』を考えます。

まず、パンを半分に分けて、それを1かけらずつ分けます。


ぱん3


すると、余りが出るので、これをさらに等分します。

すると、余りの部分を5人で分けると、ひとり、1/10ずついきます。

このように分けると、かけらが大きくなってちょっと便利♪


このようにして、古代エジプト人は分数を用いていました。

ちなみに、小数が出てきたのは、1600年ごろなので、随分最近のことなのですね♪

次回、なぜ小数が発達しなかったのかも含めて、バビロニア(と、古代ローマ)の分数に迫ります♪
スポンサーサイト

コメント

うーんと 遡及?

http://mathworld.wolfram.com/search/index.cgi?q=fraction

Egyptian Fraction の検索結果 約 671,000 件


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。