プロフィール

ペテルセン

Author:ペテルセン
★名前★ペテルセン(元猫顔)
★性別★女
★性格★動物占いでいうとペガサス
     歴史人物占いだと、かぐや姫。
    どちらも規格外生物。
    気まぐれで我が道を行く性格デス。
★好きなもの★おいしいもの
         落書き
         幾何学。
★趣味★読書
★その他★数学専攻のくせに右脳人間(汗
数学を右脳で考えられないかと日々奮闘。
でも、最近は論理的なことも大事だと、右脳に偏り過ぎないように注意しています。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古代の3大問題とは、【立方体倍積】【角の3等分】【円の方形化】の3つです。

これらの意味は、

【立方体倍積】・・・コンパス 定規を使って、与えられた体積の2倍の体積をもつ立方体を作れるか

【角の3等分】・・・コンパス 定規を使って、任意の角を2等分すること。

【円の方形化】・・・コンパス 定規を用いて、与えられた円と等積(同じ面積)な正方形を作図すること

の3つです。

どうぞおためし下さいw




・・・



嘘です。

実際に、この問題に取り組もうとすると、できそうでできないもどかしさがあります。

じつは、これらの問題はコンパスと定規だけでは解けないことが証明されました。

しかし、この<解けないことの証明>が、前進につながりました。

「コンパスと定規だけでできないのならば、他の方法を探せばいい。」



ちなみに、今でもコンパスと定規を用いた解法や、かなり前に確立された真理への反論が数学雑誌の編集部に届くらしいです。

(うちの教授のところにもそんな手紙が届いていました。)
スポンサーサイト

テーマ : 数学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。